二股はいかん!

ってことなのか?

------------------------------------------------

朝霧朝霧って盛り上がってたら、見たい映画が今日で終わってしまうらしい。
友だちのライブに行くから見れないぜ、ぬーん。

その映画が、「ノーボーイズ,ノークライ」。
a0002721_17332792.jpg

言わずと知れた妻夫木くんと、韓国の演技派俳優ハ・ジョンウ(「チェイサー」で殺人鬼役をやっていたのが記憶に新しい)が共演。

しかも、「ジョゼと虎と魚たち」の脚本家で、さらには音楽担当は砂原ですよー!
主題歌は、朝霧にも出るiLL……というか、スーパーカーのナカコーなんですよ!!!

といった盛りだくさんな感じ(かなり個人的な印象だけどね)なのに、公開からたった1ヵ月で東京では上映終了!?
みたいなことになっています。なんと。

おかしいなぁ、韓国俳優の出てる映画だし、さらに妻夫木くんは天地人でおばさま人気も高くなってそうだから、とか思ったんだけど?

それに、ジョゼとか好きなミニシアターっぽいの好きな若者にもうれしい感じなんではないの?

要するに、両方にいけるんちゃう? 
って思った結果、ターゲットが曖昧になったというところかな。


恋愛もマーケティングも誠実に、ってところでしょうかの。


そうそう、二股といえば。
地元に戻っていた連休中に、「ココ・アヴァン・シャネル」をママと見ました。
ココ・シャネルとふたりの男のお話でした。
a0002721_1757480.jpg

本当は、そのときもノーボーイズ〜見ようって言ってたんだけど、やっぱりむこうでもすでに終わっていて、それじゃあって見たのだけど、とてもおもしろかった。

ココ・シャネル役は「アメリ」のオドレイ・トトゥ。
アメリがわけわかんないので、彼女のことはあまり好きじゃないと思っていたけど、本物のシャネルとうりふたつだったよ!
オドレイ・トトゥは別にしても、そもそもフランス映画が苦手なあたしですが、実在の人物の生涯を描く映画は、ちゃんと落ちどころはあるし、決してもやもやな終わり方にはならないからいいね。

しかも、シャネルの映画だから、貧しいときの服装からいちいちオシャレなのです!
あの時代にああいう服着てたら、そりゃー先進的だろうよ。「かわいい!」と連呼すること必至。

恋愛にファッションに、とモリモリですが、おすすめですぜ。
[PR]
by suemaru0420 | 2009-09-25 17:37
←menu